東洋の使徒フランシスコ・ザビエルの生涯 とうようのしとふらんしすこ・ざびえるのしょうがい

文書・書籍 / 安土・桃山 / ヨーロッパ 

桃山時代/1597年
版本
縦17.2×横11.2㎝
1冊

フランシスコ・ザビエルの東洋における伝道について最初に紹介した書物。ザビエルの死後42年目の1594年に著され、以後数多く出版されたザビエル伝の原典ともなった本。大半が日本布教の記事にあてられている。本書は、1594年ローマ初刊本を1597年に再刊したもの。

作品所在地の地図

関連リンク

東洋の使徒フランシスコ・ザビエルの生涯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

聖ザビエル伝
聖ザビエル伝

ドミニク・ブウール

永禄年間イエズス会士日本・東洋書簡集
紙本著色フランシスコ・ザビエル像
ローマ教皇グレゴリオ13世伝
チャッピ「グレゴリオ13世伝」
チャッピ「グレゴリオ13世伝」

マルコ・アントニオ・チャッピ著

ページトップへ