硬玉類(玉川遺跡出土) こうぎょくるい(たまがわいせきしゅつど)

石器・石製品類 / 縄文 / 日本 

山形県鶴岡市
縄文
32箇
山形県鶴岡市
指定:1953(昭和28).8.31
致道博物館
山形県有形文化財

玉川遺跡は縄文時代中期から晩期の遺跡で、江戸時代から多量の玉類が出土する地として知られていました。この玉類は晩期の遺跡から出土し、不老長寿などの霊力をもつものとして首や胸飾りにもちいたと考えられます。勾玉、丸玉、小玉などの形で、翠緑色をしたヒスイ製のものは、その原産地が新潟県糸魚川周辺に求められます。

作品所在地の地図

関連リンク

硬玉類(玉川遺跡出土)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤橋遺跡
北海道元江別1遺跡土墳墓出土品
長者ヶ原遺跡
富山県境A遺跡出土品
岩手県蒔前遺跡出土品
ページトップへ