徳永傳之助宛て鍋島直正書簡 とくながでんのすけあてなべしまなおまさしょかん

その他の画像全5枚中5枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 佐賀県 

鍋島直正 (1814~71)
なべしまなおまさ
安政2年頃/1855頃
紙本墨書 巻子装
(題書)縦17.0cm 横10.5cm (一)縦15.8cm 横28.4cm (二)縦16.0cm 横48.8cm (三)縦17.0cm 横43.8cm (四)縦17.0cm 横69.5cm
1巻
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

三巻の巻子に仕立てられた佐賀藩士徳永傳之助関係の書簡群が残されている。徳永は10代佐賀藩主鍋島直正の側近のひとり。箱書きにより明治期に徳永家より鍋島家に献上されたものと見られる。
そのうち一巻には鍋島直正が「極密」として側近の徳永傳之助に宛てた直筆の書簡十四通から成る。そのうち巻頭の4通はいずれも安政2年(1855)頃のものと見られる。長崎でオランダ船に乗船し「来年、蒸気船を長崎にもたらすよう約束を取り付けようとしたところ、思いのほかすぐによい返事をもらえた。実は幕府の蒸気船(観光丸)よりも良いものをもたらすと言っていた」と、オランダ人との交渉の手応えを伝えている(書簡四)。また対幕府については、「萬一、願書御差し返し相成り候共、押し返し候ても相願い候様取り計い度候」、つまり蒸気船入手の願書をもし突き返されても、押し返してでもお願いするようにと指示している(書簡三)。長崎警備のための蒸気船入手への直正の意志が藩士にも強い対応を求める指示に表れている。

作品所在地の地図

関連リンク

徳永傳之助宛て鍋島直正書簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

徳永傳之助宛て鍋島直正書簡
徳永傳之助宛て鍋島直正書簡

10代佐賀藩主鍋島直正

御目通并公用諸控
御目通并公用諸控

鍋島茂真(安房)

斉正公蘭船ゲデー号訪問図
鍋島直正和蘭船乗込図
鍋島直正公御実歴一百図
ページトップへ