都々古別神社本殿 つつこわけじんじゃほんでん

宗教建築 / 安土・桃山 / 東北 

福島県
桃山/1594頃
三間社流造、銅板葺
1棟
福島県東白川郡棚倉町大字棚倉
重文指定年月日:20141210
国宝指定年月日:
重要文化財

都々古別神社は,陸奥一宮として崇敬されてきた古社である。
本殿は文禄3年(1594)に佐竹義宣が造営したとみられる。もとは棚倉城の地にあったが,寛永2年(1625)に現在地へ移された。
形式は本格的な三間社流造であるが,組物を出三斗とし,彫刻を用いないなど,簡素なつくりとする。反りのある垂木,庇に架けた水平に近い梁などが中世的な要素である。
都々古別神社本殿は,東北地方において数少ない桃山期の本殿建築として,高い価値を有している。細部や技法には中世的な要素が残っており,中世から近世への転換期における様式や技法を知る上で,貴重な存在である。

作品所在地の地図

関連リンク

都々古別神社本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

那須神社 本殿
那須神社 楼門
都々古別神社の御田植
宇志比古神社本殿
青井阿蘇神社 本殿
ページトップへ