倉吉の千歯扱き及び関連資料 くらよしのせんばこきおよびかんれんしりよう

その他の画像全2枚中2枚表示

有形民俗文化財 / 中国・四国 

鳥取県
212点
鳥取県倉吉市仲ノ町3445-8
登録年月日:20150302
管理団体名:
備考:内訳 千歯扱き147点、関連資料65点
倉吉市
登録有形民俗文化財

本件は、江戸中期から倉吉で製造され、大正期にかけて全国に広く流通した脱穀用具の一つである千歯扱きとその関連資料を、生産地である倉吉で収集したものである。収集された千歯扱きの多くが、製造年が銘記されていることから、江戸後期から大正期までのものを確認できるうえ、平打から甲丸打へと穂の形状が変化していった様相を知ることができる。また、引き札や行商日記などの関連資料からは、この地域の千歯扱きが全国に普及する背景となった販売戦略を読み取ることもできる。

作品所在地の地図

関連リンク

倉吉の千歯扱き及び関連資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

行田の足袋製造用具及び関係資料
近江甲賀の前挽鋸製造用具及び製品
倉吉の鋳物師(斎江家)用具及び製品
岐阜提灯の製作用具及び製品
鳥取の二十世紀梨栽培用具
ページトップへ