志摩半島の生産用具及び関連資料 しまはんとうのせいさんようぐおよびかんれんしりょう

その他の画像全2枚中2枚表示

有形民俗文化財 / 近畿 

三重県
3828点
三重県志摩市
登録年月日:20160302
管理団体名:
備考:内訳:生産用具3701点 関連資料127点
志摩市
登録有形民俗文化財

本件は,三重県中東部に位置する志摩半島において,漁撈や農耕などの生業に使用された用具と船大工や鍛冶屋などの諸職の用具を広域的に収集したものである。志摩半島では,リアス式海岸が発達した内海では,網漁や真珠,海苔,カキなどの養殖が,黒潮の影響下にある表海では,カツオの一本釣り漁や海女漁などが主に行われてきた。また,内陸部では,稲作や畑作,養蚕も盛んに行われており,船大工や桶屋,鍛冶屋,石工などの職人たちも数多く活動していた。本件は,これらの伝統的な生産活動に用いられた各種の用具から構成されている。また,昭和58年まで賢島にあり,日本の真珠養殖の発展に寄与した旧国立真珠研究所の資料も含まれている。

作品所在地の地図

関連リンク

志摩半島の生産用具及び関連資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

陸前高田の漁撈用具
伊勢湾・志摩半島・熊野灘の漁撈用具
丹後半島の漁撈用具
琵琶湖の漁撈用具及び船大工用具
会津只見の生産用具と仕事着コレクション
ページトップへ