玄界灘の漁撈用具及び船大工用具 げんかいなだのぎょろうようぐおよびふなだいくようぐ

有形民俗文化財 / 九州 

福岡県
1,309点
宗像市大字鐘崎776-4
登録年月日:20100321
管理団体名:
備考:内訳:漁撈用具969点 船大工用具340点
宗像市
登録有形民俗文化財

この資料は、玄界灘に面した九州地方北部の旧玄海町の鐘崎、神湊、地島などで、使用されてきた漁撈用具と、その漁撈で活躍した木造船を製作する用具のまとまりである。豊富な魚種を対象とした多様な漁法がみられ、海女漁をはじめ、イカ釣り漁、イカ籠漁、タイ延縄漁、イタヤ貝漁、サワラ釣漁、フグ延縄漁などの用具が体系的にまとめられている。船大工用具は、これらの漁撈で用いられた木造船であるテントやマタラズと呼ばれる五枚仕立ての木造船を製作する用具類である。

作品所在地の地図

関連リンク

玄界灘の漁撈用具及び船大工用具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

琵琶湖の漁撈用具及び船大工用具
氷見及び周辺地域の漁撈用具
八戸及び周辺地域の漁撈用具と浜小屋
丹後半島の漁撈用具
最上川水系の漁撈用具
ページトップへ