古伊万里 印判染付皿 こいまり いんばんそめつけざら

陶磁 

磁器
口径28.2 底径16.5 高さ4.5
1点

明治5年頃から、大量生産を目的とした型紙すりが開発された。文様を切り抜いた紙の上から絵具をすりこむ技法である。中野区内旧家の伝世品。

作品所在地の地図

関連リンク

古伊万里 印判染付皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古伊万里 印判染付皿
古伊万里 染付色絵大皿
古伊万里 白磁皿
古伊万里 蛸唐草文壺
輸入磁器(染付碗)
ページトップへ