文化遺産オンライン

うきは市筑後吉井(在郷町 福岡)

うきはし ちくごよしい(ざいごうまち ふくおか)

作品概要

うきは市筑後吉井(在郷町 福岡)

うきはし ちくごよしい(ざいごうまち ふくおか)

その他 / 江戸 / 福岡県

筑後川中流域にある吉井は、江戸時代中期以降に、商品作物の栽培・加工及びその集散や、「吉井銀(よしいがね)」と称された有力商人の金融活動などにより、地域経済の拠点として繁栄した。旧豊後街道などの街路に沿って、漆喰塗の重厚な町家が連続する町並は、明治2年の大火を契機に、経済の最盛期であった大正期までにほぼ出来上がったものである。

関連作品

チェックした関連作品の検索