伊達家唐草蒔絵乗物 だてけからくさまきえのりもの

漆工 

日本
江戸時代中期
木製漆塗
91.0×136.6×104.0cm
1

この乗物は、江戸時代中期(18世紀前半)の制作とされる。黒漆塗りに金蒔絵が施され、伊達家の家紋である「竹に雀」と「三引両」が描かれている。内装部分には、金地に墨などで、風景と草花が丁寧に描かれている。女性専用の駕籠と思われ、大きさや装飾から、実際に伊達家の女性が愛用したものと推測される。同種の駕籠は、わずかしか現存しておらず、文化的価値も極めて高い。

作品所在地の地図

関連リンク

伊達家唐草蒔絵乗物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

竹葵牡丹紋散蒔絵女乗物
黒漆塗雪薄竹に雀紋桜枝散蒔絵厨子棚
黒塗六星紋蒔絵女乗物
黒漆塗隅切葵下り藤散蒔絵駕籠、ビロード張下り藤紋入駕籠〈西条藩松平家伝来〉
黒漆塗杏葉紋散唐草蒔絵茶弁当
ページトップへ