開成丸航路図 かいせいまるこうろず

絵図・地図 / 江戸 / 兵庫県 

不明
不明
不明

「開成丸航路図」開成丸は陶工三浦乾也が、仙台藩の命により寒風沢で建造した。長さ11丈、巾2丈5尺、二檣の帆船である。三浦乾也は、西洋型船建造の命を受けると長崎におもむいて研究し、帰国後苦心をかさねて安政5年(1858)にこれを完成した。開成丸の運航成績はきわめて良好であったといわれている。この航海図は、江戸回航のため安政6年2月12日昼寒風沢を出帆し、同17日夕刻浦賀に入港するまでの航跡を詳細に記録したものであり、乗船していた測量方等により浦賀入港後作成された。

作品所在地の地図

関連リンク

開成丸航路図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

恵美須ヶ鼻造船所跡
斉正公蘭船ゲデー号訪問図
日記
日記

佐賀藩蒸気船御請取方

白帆注進外国船出入注進
大坂・兵庫・友ケ島海図
大坂・兵庫・友ケ島海図

幕府軍艦方による作成か(海軍関係之部第六号)

ページトップへ