旧山田家住宅新座敷 きゅうやまだけじゅうたくしんざしき

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 中部 

長野県
昭和中/1953
木造平屋建、瓦葺、建築面積30㎡
1棟
長野県中野市大字江部字長井田46-3
登録年月日:20161129
中野市
登録有形文化財(建造物)

敷地中央に奥座敷と矩折れに接続して建つ。起りをつけた桟瓦葺屋根を持つ。北側で玄関と接続しており、四畳の取次を経て八畳の客間に入る構成を取る。客間では奇木を落掛に用いたり、小壁に格狭間風の窓を開けるなど、数寄屋意匠を取り入れた座敷となる。

作品所在地の地図

関連リンク

旧山田家住宅新座敷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧山田家住宅奥座敷
旧山田家住宅酒売場
荻原家住宅主屋
旧山田家住宅隅蔵
旧山田家住宅六間蔵及び二間蔵
ページトップへ