ベルクの海岸 べるくのかいがん

油彩画 

ブーダン、ウジェーヌ (1824-1898)
ぶーだん、うじぇーぬ
フランス
1878年
油彩、カンヴァス
77.0×108.0cm
1

アトリエでの制作をきらい、自然を前にして戸外の光のもとで直接制作することを信念としたブーダンは、徹底して外光主義を推進し、印象派の先駆的役割を果たした。彼に師事した若いモネもこの方法を学んだ。海景の画家ブーダンには、フランス各地の海岸の名作が残されているが、本作も光満ちあふれる空を画面上方に大きく取り入れたブーダン独特の構図をもつ名品の一つで、英仏海峡に臨む保養地ベルクの浜辺の明るい抒情を捉えている。

作品所在地の地図

関連リンク

ベルクの海岸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ノルマンディ―の風景
ノルマンディ―の風景

ウジェーヌ・ブーダン Eugène Boudin

プールヴィルの断崖
プールヴィルの断崖

モネ、クロード

ブレスト、停泊地
ブレスト、停泊地

ウジェーヌ=ルイ・ブーダン

牧草地の牛、ルーヴシエンヌ
牧草地の牛、ルーヴシエンヌ

シスレー、アルフレッド

春、朝、曇り、エラニー
春、朝、曇り、エラニー

ピサロ、カミーユ

ページトップへ