中村歌右衛門の自来也 なかむらうたえもんのじらいや

木版画 

柳斎重春 (享和3(1802)-嘉永6(1853)、作画期:文政4(1821)-嘉永2(1849))
りゅうさいしげはる
日本
天保3年(1832)
木版多色刷
39.0×26.0cm
1

本作は、天保3(1832)年に演じられた歌舞伎『柵自来也談』に取材したもの。この歌舞伎は、盗賊である自来也の義勇を中心とする大活劇物である。画面左上には、銀摺で「春の香は残らぬ梅のもみち哉(春の梅花は高貴な香を残すが、同じ紅色でももみじでは香らない。)梅玉」と讚を入れている。自来也の背後に群れをなす子分たちを、淡い色調で描き、先頭にたつ自来也を鮮やかな色彩で配置した構図は見事である。柳斎重春は、春梅斎北英とともに上方浮世絵界の後半を支えた絵師の一人で、本作に見られるうな役者一枚絵をよくし、細やかな文様のある衣裳の表現など、装飾性に富んだ作品を多く残した。

作品所在地の地図

関連リンク

中村歌右衛門の自来也チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中村芝翫の宿禰太郎
中村芝翫の宿禰太郎

春梅斎北英

中村歌右衛門の長谷雄
大塚の場 犬塚信乃と伴作
白梅図屏風
犬を抱く少女
犬を抱く少女

フリンク、ホーファールト

ページトップへ