東川斎桂山筆 不動明王二童子像 一幅 とうせんさいけいざんひつ ふどうみょうおうにどうじぞう

土器・土製品類 / 弥生 

東川斎桂山 藤原美信
江戸時代/不詳
紙本着色
縦110.6㎝×横42.8㎝
1幅
神奈川県平塚市浅間町12-41
平塚市指定
指定年月日:20160203
二宮 宏
有形文化財(美術工芸品)

東川斎桂山藤原美信は、江戸時代末期の天保九年(1838)から十年前後にかけて、平塚市に逗留し、主に仏画を中心に制作していた絵師であることが、市内に現存する作品や伝承より認められている。本図もまた、近世仏画の持つ一種通俗的な表現を示す点や他の作例との相似性から勘案して、ほぼ同時期に制作されたものと推定される。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

東川斎桂山筆 不動明王二童子像 一幅チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色天台大師像
羅漢図  
佐波理匙他 山王A遺跡第4地点1号掘立柱建物跡出土埋納資料 一括
絹本著色十三仏図
絹本著色不動明王像 一幅<BR/> 附紙本著色不動明王像 横田汝圭筆 一幅<BR/>
ページトップへ