手取城址 てどりじょうし

その他の画像全3枚中3枚表示

城跡 / 近畿 

全体として東西約380m、南北約200mという広大な城域で、複数の堀切や土塁が残っており、保存状態も良好である。
日高川町指定
指定年月日:20121021
個人
記念物

手取城は室町時代の奉公衆を務めた玉置氏の居城であったとされている。現在残っている城址は、標高488メートルの和佐山から南に派生した尾根に位置する。主郭があった場所が最も高く標高171m、そこを中心に東西に尾根が伸び、それぞれ曲輪が配置されている。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

手取城址チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白山城跡
岩切城跡
鎌刃城跡
白旗城跡
小国城跡
ページトップへ