波多山城跡 はたやまじょうあと

その他の画像全2枚中2枚表示

城跡 / 中部 

長野県
本城(主郭)は、南北の長さ44m、東西の幅8~16mの長方形で、四方の縁は土塁になっている。南寄りに井戸の跡と呼ばれる窪みが有り、昔は水が湧き出していたという。中央に秋葉神社…
松本市波田8649
松本市指定
指定年月日:20110322
記念物

『波田町誌』によれば、寛正3年(1462)頃に、守護小笠原氏の一門櫛木市正一俊が、波多郷地頭になり、西光寺内城と波多山城を築き、飛騨・木曽方面の境を固め、対岸の西牧氏(梓川村)に備え、子息紀伊守政盛まで二代在城したとされている。戦国時代には、小笠原長時の旗下波多数馬が城主であったが、武田氏に敗れた後は、甲州の深志城代日向大和守により天文21年(1552)に、山城と内城が破却された。

作品所在地の地図

関連リンク

波多山城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小笠原氏城跡<BR/> 井川城跡<BR/> 林城跡
平瀬城跡
松本城
美濃金山城跡
小早川氏城跡<BR/> 高山城跡<BR/> 新高山城跡<BR/> 三原城跡
ページトップへ