天和二年銘手水鉢 てんなにねんめいちょうずばち

その他 / 江戸 / 関東 

東京都
江戸時代前期/1682年
 この手水鉢は、安山岩(伊豆石)でつくられ、全体としてどっしりとした重厚感を与えるものである。また、底部は直線状であり、江戸時代前期の様式である。
 正面には開花した大…
高さ 56.9㎝  幅上部 82.3㎝ 下部 75.5㎝
奥行上部 48.4㎝  下部 29.9㎝
1基
東京都杉並区上荻二丁目1番3号
光明院境内
杉並区指定
指定年月日:20120223
宗教法人光明院(代表役員 田代弘興)
有形文化財(美術工芸品)

現在、光明院本堂前の水盤舎の中、台石(高さ18.0、幅50.5、奥行10.5㎝)の上に安置されており、保存状態は良好である。上部の池の底に接続された水道の鉛管を通じ、常時浄水が供給され、水は溢れて手水鉢の表面を流下しており、石材が良質であるためか、殆ど損傷は見られない。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

天和二年銘手水鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

明和八年銘石造狛犬
光明院南遺跡F地点出土石棒
与謝野晶子自筆杉並区立桃井第二小学校校歌・関係資料
白粉石の多重塔
井伊直弼公敬慕碑
ページトップへ