髙添家住宅土蔵 たかぞえけじゅうたくどぞう

住居建築 / 昭和以降 / 近畿 

兵庫県
昭和前/1945
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積11㎡
1棟
兵庫県宝塚市雲雀丘山手一丁目148
登録年月日:20161129
登録有形文化財(建造物)

和館の東方に東西棟で建つ。土蔵造二階建で、小屋は登梁形式とする。屋根には本瓦を葺く。二階の南面、西面には採光のための窓が設けられ、窓上部には庇が付く。庇は持ち送りから屋根面まで白漆喰で塗込める。近代の阪神間での郊外型住宅開発の様相を伝える。

作品所在地の地図

関連リンク

髙添家住宅土蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

堀河屋又兵衛家住宅土蔵
都筑家住宅土蔵
東家住宅土蔵
ゆとうや旅館土蔵
髙添家住宅洋館
ページトップへ