谷家能楽資料 たにけのうがくしりょう

その他の画像全10枚中10枚表示

その他の美術 / 室町  安土・桃山  江戸  明治  大正  昭和以降 / 九州 

福岡県
室町時代~昭和時代/15世紀~20世紀前半
101点
福岡県太宰府市石坂4-7-2
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
登録年月日:20141217
登録美術品

 「谷家能楽資料」は江戸時代末期に日向国(ひゅうがのくに)延岡藩の豪商となり,近代には宮崎県下屈指の大地主となった谷家(屋号「藤屋」)に伝来した資料で,能面19面,能装束80点,楽器2点からなる。
 同家は幕末以降,山海産物を中心に廻船によって上方との交易を積極的に行い,財政基盤を築いた。また,関西の能の名家とも親交があり,谷家の分家筋には能楽師も輩出している。能の名家との親交が本資料の伝来の背景である。
 能面は,中世まで遡る1面と,江戸時代の15面,近代の3面からなる。
 本資料中最も古い「山姥(やまんば)」は,室町時代まで遡る可能性のある優品として注目される。角を植えていた痕跡があり,もとは鬼面であった可能性のある能面である。
 江戸時代の作品は,一定の水準を示す作品で構成される。「小面(こおもて)」・「喝食(かっしき)」・「平太(へいた)」の裏面には作者を示す焼き印があり,いずれも印どおりの作者による佳作である。「六十三(ろくじゅうさん)(熊坂(くまさか))」も優れた作品である。
 近代の作品は,近代能面作家として著名な中村直彦や,幕末・明治期の彫刻家で宝生(ほうしょう)流の能面作家 矢野啓通(たかみち)の作品からなる。
 また,附属する箱や面袋等には作者や伝来を示す墨書等があり,資料的価値が認められる。
 能装束は,江戸時代後期から昭和初期にかけて制作されたもので,唐織(からおり)・縫箔(ぬいはく)・摺箔(すりはく)・厚板(あついた)・熨斗目(のしめ)・着付けの小袖もの・狩衣(かりぎぬ)・法被(はっぴ)・側次(そばつぎ)・長絹(ちょうけん)の広袖もの・大口(おおぐち)・半切(は…

作品所在地の地図

関連リンク

谷家能楽資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

谷家貨幣資料
能面 熊坂
浅野家旧蔵饒津神社能関係資料
一色の翁舞
厚板 濃茶茶浅葱段雲龍鱗片輪車唐花模様
ページトップへ