谷家貨幣資料 たにけかへいしりょう

その他の画像全6枚中6枚表示

その他 / 安土・桃山  江戸  明治         / 九州 

福岡県
7世紀~19世紀/7世紀~19世紀
7,877点
福岡県太宰府市石坂4-7-2
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
登録年月日:20141217
登録美術品

 「谷家貨幣資料」は江戸時代末期に日向(ひゅうがの)国(くに)延岡藩の豪商となり,近代には宮崎県下屈指の大地主となった谷家(屋号「藤屋」)に伝来した主に江戸時代から明治時代の貨幣及び貨幣類である。
 同家は幕末以降,山海産物を中心に廻船によって上方との交易を積極的に行い,財政基盤を築いた。また明治時代には宮崎県の旧藩(きゅうはん)貨幣(かへい)受取方(うけとりかた),官金(かんきん)取扱人(とりあつかいにん)等の公職も担っている。
 本資料群は,延岡藩最大級の豪商谷家の経済活動と旧藩貨幣受取方等の役割を背景に蓄積され,伝来したものと考えられる。
 近世以前では,大判・五両判・小判・二分金・一分金・二朱金・一分銀・一朱銀・丁(ちょう)銀(ぎん)などのほか,江戸時代を通じて最も流通した寛永通宝や,日本でも使用され,またその模造も流通した渡来銭などで構成される。江戸時代に発行された基本的な額種はそろうが,おおむね江戸時代後期,文政・天保・万延年間のものが大量に伝存するのは,延岡における谷家の経済活動の反映とみられる。
 近世以前の貨幣で特筆されるのは,現存例の少ない桃山時代の天正大判である。判金の製作も極めて端正で,後藤徳乗(とくじょう)の墨書もよく残り,保存状態が極めて良好であるといえる。裏面には通用の痕跡を示す両替商の墨書も残され,学術的価値が高い。
 大判には,他に江戸時代中期の元禄大判,幕末の万延大判がある。
 小判は,慶長・宝永・享保・元文・文政・天保・万延のものがあり,元禄・正徳・安政を除く江戸時代の小判の大部分がそろう。なかでも,文政小判は127枚,天保小…

作品所在地の地図

関連リンク

谷家貨幣資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

谷家能楽資料
小判・一分金
一分銀
一分銀

銀座

加賀藩試鋳銭(五百文)
開基勝宝/奈良県奈良市西大寺町(旧畠山)出土
ページトップへ