小判・一分金 こばん・いちぶきん

歴史資料  その他 / 江戸 / 日本 

1

江戸時代に使われた金・銀・銭貨のうち、金貨は小判が有名ですが、小型の一分金なども幕府によって鋳造されました。写真の小判は1819(文政2)年から1828(文政11)年まで鋳造された文政小判で、金が約56%含まれています。

作品所在地の地図

関連リンク

小判・一分金チェックした作品をもとに関連する作品を探す

谷家貨幣資料
寛永通宝
一分銀
一分銀

銀座

丁銀・豆板銀
佐州金銀採製全図
ページトップへ