慶長小判 けいちょうこばん

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・慶長6年頃~元禄8年(1601?~95)
1枚

厚さ1ミリの金薄板の表面に、タガネを横向きに打ち、上下に扇方枠に五三桐の極印、中央に「壱両」下部に「光次」極印を打つ。小判の誕生は大判より遅れて文禄4年(1595)ごろ、後藤徳乗の門人で徳川家康の命により江戸に下った後藤光次【みつつぐ】の製造とされる。

作品所在地の地図

関連リンク

慶長小判チェックした作品をもとに関連する作品を探す

天正菱大判
額一分金
丸一分金
古甲州金 無背極印一分金
古甲州金 無背極印一分金
ページトップへ