文化遺産オンライン

天正長大判

てんしょうながおおばん

作品概要

天正長大判

てんしょうながおおばん

金工 / 安土・桃山

安土桃山時代・文禄4年頃~慶長5年(1595?~1600)

金 鍛造

1枚

天正16年(1588)、豊臣秀吉は京都の金工師であった後藤徳乗【とくじょう】に命じて大判を作らせた。これが幕府が公的に製造した、金貨としての大判の始まりである。特にこの大判は縦17.3cmと長く、金貨としては世界最大級である。

天正長大判をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

秀吉 / 豊臣 / 天正 / 桃山

関連作品

チェックした関連作品の検索