文化遺産オンライン

天正菱大判

てんしょうひしおおばん

作品概要

天正菱大判

てんしょうひしおおばん

金工 / 安土・桃山

安土桃山時代・天正16年(1588)

金 鍛造

1枚

厚さ2ミリの金薄板の表面に、タガネを横向きに打ち3か所に菱型枠に五三桐の極印【ごくいん】を打つ。縦に「天正十六」「拾両後藤」(花押)と墨書する。菱型の極印からこの名がある。豊臣秀吉が京都の金工師後藤祐徳【ゆうとく】に作らせた。

天正菱大判をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ Azuchi / Momoyama / 打つ

関連作品

チェックした関連作品の検索