西洋鉄熕鋳造篇 図解部 せいようてっこうちゅうぞうへん ずかいぶ

その他の画像全8枚中8枚表示

江戸 

江戸時代末期
8枚
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

わが国で幕末に始められた鉄製大砲の製造において大きな手掛かりとなったのは、オランダの王立鉄製大砲鋳造所長であるヒュゲニンのテキストだった。本資料はその和訳本『西洋鉄熕鋳造篇』の図解の一部。長崎警備を担う佐賀藩は、嘉永3年(1850)から鉄製大砲鋳造に着手した。藩内では、同種の資料が本藩(藩主家)や重臣である武雄鍋島家への伝来は知られていたが、これは分家のひとつ蓮池鍋島家に伝来したもの。

作品所在地の地図

関連リンク

西洋鉄熕鋳造篇 図解部チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銕砲全書
銕砲全書

伊東玄朴・池田才八・杉谷雍助 訳

築地反射炉絵図
築地反射炉絵図

陣内松齢

鍋島直正品川台場巡視之図
伊王島・四郎島・神之島矢利絵図
試薬臼砲(プルーフ・モルチール)
ページトップへ