Tepozensho

銕砲全書

Details

Tepozensho

銕砲全書

文書・書籍 / 江戸

伊東玄朴・池田才八・杉谷雍助 訳

嘉永2年/1849

紙本墨書 冊子装

縦26.0cm 横18.7cm

2冊

佐賀市松原2丁目5-22

公益財団法人鍋島報效会

幕末佐賀藩における鉄製大砲製造の取り組みは、まず蘭書の翻訳から始まった。テキストとなったのはヒュゲェニン著「ロイク国立鉄製大砲鋳造所における鋳造法」。蘭方医伊東玄朴とその門人杉谷雍助らによって江戸で翻訳された。杉谷はこの翻訳によって帰藩後大銃製造方に配属され、大砲製造を実地で手掛けることとなった。

Related Works

Search items related to work chosen