文化遺産オンライン

精煉方研究調書原本訳書

せいれんかたけんきゅうちょうしょげんぽんやくしょ

作品概要

精煉方研究調書原本訳書

せいれんかたけんきゅうちょうしょげんぽんやくしょ

歴史資料/書跡・典籍/古文書 / 文書・書籍 / 江戸 / 日本 / 九州 / 佐賀県

石黒寛次

いしぐろかんじ

江戸時代

紙本墨書 和綴本

竪26.8cm 横17.8cm

佐賀県佐賀市松原2丁目5-22

公益財団法人鍋島報效会

石黒寛次控記録。全37冊で、一箱に納められていた。丹後田辺藩出身で広瀬元恭の時習堂で学んでいた石黒寛次(1824-1886)は、佐野常民の誘いで佐賀藩精煉方雇となった。精煉方では蘭書の翻訳などを担った。「百工提要(リュスト氏原著)」が清書・下書、端本を含めて3種23冊、「百工舎密(ワフネル氏著)」8冊、「軍制及兵器之部」は「算尺用法」「海上砲術全書」「ビュルグ氏理科書』「英制大小銃説」「螺旋銃兵隊演習」などの抄訳6冊からなる。

精煉方研究調書原本訳書をもっと見る

石黒寛次をもっと見る

徴古館をもっと見る

キーワード

佐賀 / 精煉 / / 石黒

関連作品

チェックした関連作品の検索