高岡町奉行肖像 たかおかまちぶぎょうしょうぞう

権利者:高岡市立博物館蔵

日本画 / 江戸 / 富山県 

堀川敬周 (1789頃~1858)
ほりかわけいしゅう
富山県高岡市
天保11年/1840年
【本紙】縦41.2cm×横68.2cm
【全体】縦129.0cm×横82.7cm
【軸長】89.1cm
1
富山県高岡市古城1-5

 堀川敬周による江戸後期の高岡町奉行、由比忠左衛門義勝・脇田平之丞直與の肖像画である。
 本図は高岡川原町ゆかりのものである。
 明和9年(1772)、鰯類など塩干魚を取り扱う四十物師を悩ませていた高額な口銭(税金)が時の高岡町奉行(大野仁兵衛・小川八左衛門)の裁きによって、一部緩和された。四十物師が多く住む川原町ではこれを永く記念するため毎年「鰯祭り」を行い恩に報いていた。
 しかし、天保8年(1837)に再び魚の取り扱いについて紛争が起こった。この時、由比・脇田の両奉行は四十物師のために尽力してくれたので、これを徳として、本図を作り、鰯祭りに併せて祀ったといわれる。制作年代(天保11年)は箱蓋裏の墨書により知られる。

作品所在地の地図

関連リンク

高岡町奉行肖像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

漁樵図屏風
漁樵図屏風

堀川敬周(1789頃~1858)

山水十二ヶ月の図屏風
山水十二ヶ月の図屏風

堀川敬周(1789頃~1858)

漁樵図屏風
漁樵図屏風

堀川敬周(1789頃~1858)

四季花鳥図屏風
四季花鳥図屏風

堀川敬周(1789頃~1858)

堀川敬周地面売渡証文
ページトップへ