堀川敬周地面売渡証文 ほりかわけいしゅうじめんうりわたししょうもん

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 富山県 

富山県高岡市
嘉永7年/1854年
切紙・墨書
縦24.0cm×横18.8cm
1
富山県高岡市古城1-5
高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

高岡初の専門的町絵師・堀川敬周の死の4年前の嘉永7年(1854)の「地面売渡証文」である。敬周は『高岡史料』では高岡片原中島町に住んだというが、この史料に町名は記載されておらず不明(裏書(異筆)には敬周は片原横町に住んだとするが、片原中島町の誤りか)。この地所を大工清蔵に金6両2歩(約675,000円/1両≒75,000円/HP「古文書ネット」)で売却した際の証文である。当時、地面は全て藩主のものなので、建前として「売却」とは明記せずに「請所」としている。片原横町は藩よりの借地である「地子町(じしまち)」に分類され、藩へ地代(史料には「御年貢米」)を支払わなければいけなかった。
 そして、裏面には「湊屋平助」の一筆がある。しかし、「湊屋平助」は堀上町の紺屋で敬周の実の父と同じ名前である。敬周最晩年の史料なので、おそらく2~3代後の人であっても襲名しているものと思われる。
 また、裏面には史料とは異なる筆(筆者不明)で、後世の加筆がある。それよると、「先生(敬周)ハ家貧ニシテ宅地所ヲ売却セラレタル証文ナリ」(敬周は家が貧しかったので、宅地所を売却した証文である)とある。
 多くの作品があり、また俳人としても活動し、多くの文人墨客とも親交をもっていたので、敬周は裕福な生活をしていた可能性もあったが、この史料でその可能性が薄れた。しかし、常に貧しかったのか、何かがあって貧しくなったのかなどまだまだ不明な点が多い、敬周について一つ重要な情報をもたらす貴重な史料といえよう。

作品所在地の地図

関連リンク

堀川敬周地面売渡証文チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋景山水図
秋景山水図

堀川敬周、賛:殿岡神通

飲中八仙図
飲中八仙図

堀川敬周

高岡町奉行肖像
高岡町奉行肖像

堀川敬周

『渡海標的』
『渡海標的』

石黒信由

越中北前船破船荷物分散帳等関係史料
ページトップへ