中川家住宅主屋 なかがわけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 大正 / 近畿 

奈良県
大正/1915年/2001年改修
木造2階建、瓦葺、建築面積143㎡
1棟
奈良県奈良市今辻子町30-1
登録年月日:20141219
登録有形文化財(建造物)

小路に東面する、間口の広いつし二階建町家。南側の通り土間の屋根を落棟とし、北側のミセ前面は平格子と出格子をたて、霧除を付す。上部は出桁で軒を深め、虫籠窓を穿ち、両端に袖壁を設ける。座敷飾や透彫欄間に、大正期らしい洗練さを備える上質な町家。

作品所在地の地図

関連リンク

中川家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宮内家住宅主屋
魚橋家住宅主屋
田中家住宅主屋
松山家住宅主屋北棟
小川家住宅主屋
ページトップへ