角屋松の間 すみやまつのま

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 近畿 

京都府
大正/1926
木造平屋建、瓦葺一部鉄板葺、建築面積112㎡
1棟
京都府京都市下京区西新屋敷揚屋町32
登録年月日:20120813
公益財団法人角屋保存会
登録有形文化財(建造物)

主屋西面北寄りに建つ木造平屋建の離れ。建築面積一一二平方メートル、入母屋造桟瓦葺で、鉄板葺庇を廻らす。東の主屋側から一〇畳口の間、一二畳と八畳の次の間を経て二三畳大広間が雁行して連なり、南側に濡縁がつく。内法高が大きい近代趣味の書院建築。

作品所在地の地図

関連リンク

角屋松の間チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中村家住宅大歌堂
旧邸御室主屋
武者小路千家茶室弘道庵
三養荘本館御幸の間
瀧本家住宅離れ(懐徳亭)
ページトップへ