文化遺産オンライン

立火吹筒花火

たてびふきづつはなび

概要

立火吹筒花火

たてびふきづつはなび

無形民俗文化財 / 中国・四国 / 徳島県

徳島県

徳島県小松島市立江町青森119

小松島市指定
指定年月日:20130701

無形民俗文化財

吹筒花火は、火薬を詰めた竹筒を約7mのほたてに取り付け、その竹筒
の先から火の粉が飛び散る花火である。立江では、吹筒花火を「立つ火」
と書いて「たてび」と呼び、花火は「たく」と、焚く台を「炎が立」と書いて「ほ
たて」と呼ぶ。火薬の取り締まりが厳しくなると共に伝承者が不足となった
時期があったが有志により煙火保存会が結成され、危険物取り扱いの資
格を取得し、安全講習や機会を捉えては制作の勉強会を開催し、後進の
指導・育成と花火の伝承に努め今に至っている。

立火吹筒花火をもっと見る

地方指定文化財データベースをもっと見る

キーワード

伝承 / / 花火 / 火薬

関連作品

チェックした関連作品の検索