旧川本家住宅座敷棟 きゅうかわもとけじゅうたくざしきとう

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 大正 / 近畿 

奈良県
大正/1924/1926~1945・1946~1965改修
木造2階建、瓦葺、建築面積127㎡
1棟
奈良県大和郡山市洞泉寺町10
登録年月日:20141007
大和郡山市
登録有形文化財(建造物)

本館の西に坪庭を介して接続する木造二階建で、切妻造桟瓦葺とし、西面北に茶室、南に浴室、便所を張出す。南側は一階が厨房、二階が髪結場など営業用で、北側一階の座敷一二畳や二階の六畳二室は居住用の室である。南面高塀には猪目形の透かし窓を開く。

作品所在地の地図

関連リンク

旧川本家住宅座敷棟チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧川本家住宅蔵及び納屋
旧川本家住宅本館
明治屋醤油離れ
寺田家住宅主屋(旧丸四織物合名会社事務所兼主屋)
梅谷家住宅離れ
ページトップへ