長野家武家門 附石垣2基 ながのけぶけもん つけたりいしがきにき

城郭建築 / 江戸 / 九州 

宮崎県
江戸後期
木造瓦葺き、後方控柱付き腕木門
棟高3,745mm、親柱間真真1,940mm、親柱・脇柱間真真1,315mm
親柱・控柱間真真1,065mm
1唐
宮崎県宮崎市高岡町内山字雁ケ峰2801-3
宮崎市指定
指定年月日:20140512
有形文化財(建造物)

(参考文献)
・土田充義・小山田善次郎・揚村固「旧薩摩藩麓の腕木門について」(『鹿児島大学工学部研究報告 第34号』、平成4年)
・三浦将功「高岡麓・腕木門の形態的特徴について」(『日本建築学会九州支部研究報告 第36号』、平成9年)
・高岡町教育委員会『宮崎県高岡麓の構成とその遺構調査報告書』(平成9年)

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

長野家武家門 附石垣2基チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉冨家武家門 附石垣2基
濱田家武家門 附石垣3基
神﨑家武家門 附石垣3基
おつぼ山神籠石出土柱根
宇久松原遺跡
ページトップへ