安布知神社本殿及び拝殿 あふちじんじゃほんでんおよびはいでん

その他の画像全7枚中7枚表示

建造物 / 江戸 / 中部 

長野県
江戸時代前期/寛文11年(1671年)
本殿は、覆屋の中にある三間社流造で、杮葺の規模の大きい社殿である。梁行が2間、前1間が外陣であり、後ろ1間が内陣である。拝殿は、桁行3間、梁行2間の社殿で、周囲を格子戸や格子…
桁行3間、梁行2間
2棟
長野県下伊那郡阿智村駒場2079番地
長野県指定
指定年月日:20150924
宗教法人 安布知神社
有形文化財(建造物)

本殿の内陣境の柱には金襴巻の紋様がみられるほか、獅子や鳥や花といった具象的な絵や幾何学的な紋様などがよく遺っており、全体に質の高い様々な彩色が施されている。
拝殿は、内部の天井を格天井とし、個々の格間に竜や花の絵が描かれている。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

安布知神社本殿及び拝殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白鳥神社 三社本殿・拝殿・絵馬殿
護摩堂
霧島神宮 本殿・幣殿・拝殿
諏訪社 若宮八幡宮本殿
南方諏訪神社本殿
ページトップへ