不忘閣御殿棟 ふぼうかくごてんとう

建造物 / 昭和以降 / 東北 

宮城県
昭和前/1932年
木造2階建、銅板葺、建築面積161㎡
1棟
宮城県柴田郡川崎町青根温泉1-1
登録年月日:20141219
登録有形文化財(建造物)

離れ北西隅に渡廊下で接続して建つ。木造二階建、入母屋造で北面と南面に千鳥破風を飾り、周囲にガラス窓と刎高欄を廻らす。一二畳半の主座敷は上段とし、上質な座敷飾、小組格天井張など高い格式を示す。旧藩主一門の宿泊を意図した、優美な意匠の旅館建築。

作品所在地の地図

関連リンク

不忘閣御殿棟チェックした作品をもとに関連する作品を探す

岡崎旅館別館北棟
不忘閣本館
岡崎旅館別館南棟
不忘閣離れ
不忘閣座敷蔵
ページトップへ