文化遺産オンライン

松本市上下水道局島内第一水源地集水井及び会所

まつもとしじょうげすいどうきょくしまうちだいいちすいげんちしゅうすいせいおよびかいしょ

作品概要

松本市上下水道局島内第一水源地集水井及び会所

まつもとしじょうげすいどうきょくしまうちだいいちすいげんちしゅうすいせいおよびかいしょ

近代その他 / 大正 / 中部

長野県

大正/1922

コンクリート造、集水井及び会所3基よりなる、総面積27㎡

1所

長野県松本市島内3635-1

登録年月日:20150804

松本市

登録有形文化財(建造物)

市中心部の北西、奈良井川沿いの敷地に建つ。湧水を導く暗渠の曲所に配された会所三基と暗渠を接続する集水井よりなる。いずれもコンクリート造で、会所は内法四尺角、集水井は内径一五尺とする。湧泉を水源とした近代水道の仕組みを今に伝える貴重な施設。

関連作品

チェックした関連作品の検索