車庫近く しゃこちかく

油彩画 

松本竣介 (1912(明治45)年-1948(昭和23)年)
マツモト・シュンスケ
昭和17年/1942年
油彩・画布
33.4× 45.5
1面

松本竣介(1912-1948)の都市風景には、駅や橋、教会など、ヨーロッパの街角を描いたような堅牢な洋風建築が多く登場します。この作品では、車両基地近くのためか、明瞭な建物らしき姿はなく、煉瓦で囲まれたなだらかな草地が広がるばかり。画面に変化をもたらすのは、かたちも不揃いな電柱や街燈。シルエットと化した柱の大きさの違いが、いくらかの遠近感を伝える一方、薄塗りの明るい空を背景に浮かぶ、途切れそうな繊細な電線は、奥行きの定かでない絵画空間の中で、行き場を失ったような心細さを感じさせます。
 岩手県に育った作者は、昭和初期に上京。線は一切のものを表すと同時に、自らの気質であると考え、線の多様な表現を追求し続けました。自己表現と不可分である制作手段の探求は、豊かな表現力はもちろん、絶え間ない真摯な研究による、純粋で清澄な気配を画面に添えているようです。

作品所在地の地図

関連リンク

車庫近くチェックした作品をもとに関連する作品を探す

街

松本竣介

自画像
自画像

松本 竣介

駅

松本竣介

建物
建物

松本竣介

家族
家族

松本竣介

ページトップへ