木村家住宅石積塀 きむらけじゅうたくいしづみべい

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

三重県
江戸/1830~1868
石造、総延長44m
1基
三重県度会郡度会町駒ヶ野字里ヲキの南651・661合併
登録年月日:20161129
登録有形文化財(建造物)

敷地の西辺と北辺を画す石積の塀。敷地西辺北端に建つ長屋門に接続して、東に二一メートル、南に折れ曲がり二三メートルを測る。周辺で採取される自然石を高さ約一・三から一・七メートルに野面積とする。上部に槇垣を設けて、屋敷構えに整った印象を与える。

作品所在地の地図

関連リンク

木村家住宅石積塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松浦家住宅門柱及び石塀
多田家住宅石塀
森田家住宅板塀
畠中家住宅外塀
井谷家住宅南面石垣
ページトップへ