八束家住宅待合 やつづかけじゅうたくまちあい

住居建築 / 昭和以降 / 中国・四国 

愛媛県
昭和前/1936
木造平屋建、瓦葺一部鋼板葺、建築面積8.6㎡
1棟
愛媛県松山市持田町3-242-1
登録年月日:20150804
登録有形文化財(建造物)

主屋茶室の南向かいに庭を挟んで建つ。腰掛と雪隠を背中合わせにした形式で、屋根は桟瓦の周囲に銅板を葺く。腰掛はL字に腰掛を廻らし、隅に琵琶棚風の棚を備える。要所にサルスベリを用いてアクセントとし、腰廻りや軒裏に杉皮を張るなど上質な意匠になる。

作品所在地の地図

関連リンク

八束家住宅待合チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下津家住宅外待合
三養荘(旧岩崎久彌別邸)本館待合
神霊教鎌倉錬成場待合
上月家住宅茶室
丸井家住宅待合及び塀・袖垣
ページトップへ