旧村西家住宅主屋 きゅうむらにしけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 昭和以降 / 近畿 

京都府
昭和前/1932
木造2階建、瓦葺一部銅板葺、建築面積135㎡、門及び塀付
1棟
京都府京都市中京区蛸薬師通高倉西入泉正寺町333
登録年月日:20140425
登録有形文化財(建造物)

通り沿いの高塀の奥に建物を配する、いわゆる大塀造町家の外観とする一方で、正面に洋間と茶室を配して奥は中廊下式とし、さらに二階にも洋風の書斎を設けるなど、近代の住宅思潮を取入れた平面形式と意匠をもつ。洋風生活への対応を進めた近代京町家の好例。

作品所在地の地図

関連リンク

旧村西家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧村西家住宅土蔵
木村家住宅主屋
青木家住宅主屋
仲家住宅主屋
西川家住宅主屋
ページトップへ