童女 どうじょ

日本画 / 富山県 

画:須賀木仙,賛:岩崎夜鶴
すがもくせん,いわさきやかく
富山県高岡市
【本紙】縦44.0cm×横33.1cm
【全体】111.5cm×横44.7cm
【軸長】50.4cm
1
富山県高岡市古城1-5
高岡市

 高岡における江戸流蝋型鋳造の創始者・須賀松園の二男、木仙の作品である。手毬を持った童女が描かれている。
 岩崎夜鶴による賛、「雪あかり露路の奥より手毬うた 夜鶴」が書かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

童女チェックした作品をもとに関連する作品を探す

俳句俳画色紙「かせの月」
俳句俳画色紙「かせの月」

句:澤田澤樓,画:岩崎夜鶴

高岡博協賛会バックル
高岡博協賛会バックル

原型:須賀木仙

蝋型鋳造額面「魁星」
蝋型鋳造額面「魁星」

二代須賀松園

古城観花
古城観花

正村陶所

飲中八仙図
飲中八仙図

堀川敬周

ページトップへ