土佐遍路道 青龍寺道 とさへんろみち しょうりゅうじみち

その他の画像全5枚中5枚表示

その他 / 安土・桃山  江戸  明治  大正  昭和以降 / 中国・四国 

高知県
16世紀~
高知県土佐市
指定年月日:20161003
管理団体名:土佐市(平28・12・8)
史跡名勝天然記念物

遍路道は空海(諡号(しごう)は弘法大師(こうぼうだいし))ゆかりの寺社を巡る全長1,400kmにも及ぶ霊場巡拝の道で,弘法大師の足跡を追体験する四国を一周する信仰の道である。指定にあたっては,阿波・土佐・伊予・讃岐の旧国名を冠し,それぞれの遍路道を呼称することとしている。土佐遍路道は,阿波最後の札所第23番札所薬王寺と第24番札所最御崎寺(ほつみさきじ)の間にある国境の宍喰(ししくい)峠から,土佐最後の札所第39番延光寺(えんこうじ)(高知県宿毛市)から第40番札所観自在寺(かんじざいじ)に向かう国境の松尾峠までの区間である。青龍寺道は第35番札所清瀧寺(きよたきじ)から第36番札所青龍寺に至る道の一部で,途中,塚地坂(つかじざか)を越える部分に旧状をとどめている。峠の展望台からは宇佐の集落や宇佐湾,青龍寺の山並みを望むことができる。塚地坂を南に下って沢と合流する付近の岩塊には丁石としての文字が刻まれ,それに尊像が添え彫りされている。また,坂を下りきった宇佐側の沿道には磨崖仏が存在し,その一部には高岡郡域の中世期の石仏の特徴が見出される。青龍寺境内に慶長6年(1601)の接待供養塔が存在することをふまえると,遍路が一般化する時期以前から信仰の道として利用されていたことが推測される。遺存状況が良好であり,土佐における遍路道の実態を考える上で重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

土佐遍路道 青龍寺道チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊予遍路道 稲荷神社境内及び龍光寺境内 仏木寺道 横峰寺道 横峰寺境内 三角寺奥之院道
讃岐遍路道<BR/> 曼荼羅寺道<BR/> 善通寺道<BR/> 根香寺道
松尾峠から城辺村まで絵図
祝森村絵図
四国徧禮絵図全
四国徧禮絵図全

細田周英

ページトップへ