津軽漆塗手板 つがるうるしぬりていた

工芸  漆工 / 江戸  明治 / 日本  東北  青森県 

青森県
江戸~明治時代
木製 漆塗 
縦5.8~15.5㎝ 横2.9~13.5㎝
514枚
青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前市立博物館
青森県重宝
弘前市 津軽家旧蔵品
地方指定文化財

江戸後期から明治前期にかけて津軽で塗られた手板である。江戸後期に塗られたと思われる手板454枚の色彩は、『塗物伝書』、『塗物秘伝書』の色漆精製の仕様に書かれている赤漆、青漆、黄漆が使われている。また、意匠の特徴は、『工芸史料』に、「彩漆で文様を描く」と書かれているように、文様が細筆で手描きされている点にある。明治に入ってから塗られたと思われる手板は60枚である。

作品所在地の地図

関連リンク

津軽漆塗手板チェックした作品をもとに関連する作品を探す

莨塗敷板
刷毛目塗花見弁当
青海波塗雲龍蒔絵文庫
雲龍蒔絵衣裳盆
青海波塗月千鳥蒔絵長箱
ページトップへ