文化遺産オンライン

玉田神社二の鳥居

たまたじんじゃにのとりい

作品概要

玉田神社二の鳥居

たまたじんじゃにのとりい

宗教建築 / 江戸 / 近畿

京都府

江戸/1716〜1735

石造、間口3.4m、高さ4.1m

1基

京都府久世郡久御山町森宮西地内

登録年月日:20180327

宗教法人 玉田神社

登録有形文化財(建造物)

境内の南面を東西に走る祭礼道の入口に建つ石造明神鳥居。間口三・四メートル、高さ四・一メートルで、一の鳥居と同形式であるが、規模が小さく柱径が太いため、安定感のある造形をみせており、時代の古さが感じられる。地域の歴史を今に伝える鳥居。

関連作品

チェックした関連作品の検索