館柳湾 書簡 ㉔ たちりゅうわん しょかん ㉔

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 江戸 / 日本 

館柳湾 (1762~1844)
たちりゅうわん
江戸時代後期
新潟市指定文化財

館源旧蔵 館柳湾書簡46点

この書簡は、館柳湾が本家の館源(屋号)に宛てたもので、解読可能なものが46点程あり、ひとまとめで新潟市の指定文化財に指定されている。

文化遺産オンラインでは1点ずつを公開。

【大意】
外部から依頼のあった大画箋全幅二幅対の孔雀金鶏等は,中彩色は倅に描かせ,拙老=館柳湾は題詩を,また全幅十二折屏風は倅に描かせる件は承知した。今便で屏風画12枚を差上げる。立額1枚は菱湖へ依頼したが,まだ仕上がっていない。拙老と倅の書画は外部から所望を受けて大体譲ってしまったので,閑暇の節に父子で認める予定。当秋の御出府の際に会えるのを楽しみに待っている。例年通り白扇20握を頂き有り難い。白の上紙は高値で困っている。蓄えていた白紙は使い切ってしまった。天保12年4月3日 (館柳湾80歳・巻菱湖65歳)

関連リンク

館柳湾 書簡 ㉔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

館柳湾 書簡 ㉒
館柳湾 書簡 ㉓
館柳湾 書簡 ⑬
館柳湾 書簡 ㉕
館柳湾 書簡 ⑨
ページトップへ