山水六景詩画屏風 さんすいろっけいしがびょうぶ

その他の画像全2枚中2枚表示

日本画 / 江戸 / 富山県 

画:寺島蔵人(応養)、詩:中島棕隠 (寺島:安永5~天保8、中島:安永8~安政2)
てらしまくらんど(おうよう)、なかじまそういん
富山県高岡市
画:江戸後期、詩:弘化2年(1845)/寺島:1776~1837、中島:1779~1855
絹本著色・墨書
各本紙:119.0㎝×45.0㎝
6曲1双
富山県高岡市
高岡市(高岡市立博物館保管)

 能吏として知られる加賀藩士・寺島蔵人は「応養」と号する画人でもある。その蔵人の山水図に中島棕隠が賛として詠んだ漢詩を交互に屏風仕立てにしたものである。
 蔵人の画は越中砺波郡福光(富山県南砺市)の素封家・石崎無莫(善右衛門)が所有していた。弘化2年(1845)、棕隠が石崎家に滞在した際に無莫斎の依頼で棕隠が詠んだ七言律詩(七律)十首と跋文(左隻第6扇)が表装されている。

 蔵人は1803~06年、高岡町奉行を務めていたが、在任中の1804年に時鐘を鋳造した。この時鐘は蔵人の祖父・五郎兵衛がやはり高岡町奉行であった時に発案し、天明2年(1782)3月、藩の許可を得ていたが転任し、果たせなかったものであった。
 時鐘は二番町の町会所で撞かれていたが、割れ目が生じたため坂下町の鍋屋仁左衛門が私財を投じて1806年に改鋳した(現大仏寺蔵/高岡市指定文化財)。

-----
【寺島 蔵人】てらしま くらんど
安永6~天保8年/1777~1837
 蔵人は人持組2,280石、原元成(1720~1795)の三男として生まれました。名を兢(つよし)、字を季業(きぎょう)、幼名は乙三郎、次いで此母(このも)。享和元年(1801)に寺島家の養子となって禄高450石を相続し、加賀藩の中級武士として越中高岡町奉行・定検地奉行・改作奉行・大坂借財仕法主付など、農政や財政の実務を担いました。有能な藩士であると同時に、思いやりが深く正義感の強い人物であった蔵人は、民の生活を圧迫する藩政を批判して役儀指除(やくぎさしのぞき:罷免)などの処分を一度ならず受けることもありましたが、そのたび藩政へ復帰します。文政7年(1824)に十二代藩主斉広が設置した親政機関である教諭方(きょうゆかた)に抜擢されました。しかし同年7月に斉広が急死、藩政の実権は藩主斉泰のもと年寄ら(加賀藩の最高の重職)に移りました。蔵人は斉広の遺志を継承して万民のための藩政と人材育成を訴えた口達書(こうたつしょ)を提出しますが、翌8年(1825)に役儀指除となります。以後は藩政に復帰することはありませんでしたが、蔵人の年寄政治批判は徐々に同調者を集めました。藩はこの対処として蔵人に流刑を申し渡し、天保8年(1837)蔵人は能登島へ送られます。困窮した民への慈愛にあふれていた蔵人は、配流ののちも民にたいする藩政への批判を続けましたが、病のため半年後に同地で生涯を閉じました。
 蔵人は職務に忠実で熱心に仕事に励む一方で画に親しみ、「艮嶴(こんおう)」、「静斎」、「王梁元」、「応養」などの号があります。現在遺る蔵人の作品としては山水図が最も多く、次いで竹石図があり、花鳥図も見られます。金沢市内の医師の津田菜窠、町人で書家の浅野屋秋台などの文化人との交流もあり、文化5年(1808)秋には金沢を訪れた画家の浦上玉堂を邸宅へ招きました。
(HP「武家屋敷 寺島蔵人邸」より)

【中島 棕隠】なかじま そういん
没年:安政2.6.28(1855.8.10)
生年:安永8(1779)
江戸後期の漢詩人,儒者。名は規,字は景寛,士成,通称文吉,号は棕軒,棕隠,別号画餅居士,因果居士,安穴道人(狂詩),居所を水流雲在楼,銅駝余霞楼などと称した。京都で代々儒者の家に生まれる。父は徳方,母は甲。妙法院真仁法親王の文化圏に育ち,伴蒿蹊に国学を,村瀬栲亭に儒学を授かる。「粋は文吉」ともて囃され,19歳で祇園周辺の風流を「鴨東竹枝」詞に作るなど隅におけなかったが,なぜか寛政末から江戸に下向,帰洛したのは文化11(1814)年であった。かねて増補加筆していた『鴨東四時雑咏』を上梓(1826)して彼の詩名は決定的となる。頼山陽,篠崎小竹,梁川星巌,梅辻春樵らとの交友を続けながら,かつて六如上人に称賛された清新詩を次々と『棕隠軒集』(初~4集)に披瀝し,『都繁昌記』に京風俗を活写した。傍ら『太平新曲』『太平二曲』『太平三曲』などの狂詩集も出版。幕末の不穏な政情を睨みつつ,客を招いて手ずから料理を振る舞い,書画に健筆を揮い,自邸の庭を耕しながら弟子に経書を講ずる晩年であった。<参考文献>森銑三「好事儒者中島棕隠」(『森銑三著作集』2巻),『中島棕隠集』(上方芸文叢刊6巻)(宮崎修多)
(HP「朝日日本歴史人物事典」朝日新聞出版)

作品所在地の地図

関連リンク

山水六景詩画屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

年未詳八月二十三日付横山英盛書状
高岡町奉行肖像
高岡町奉行肖像

堀川敬周

古賀穀堂像
古賀穀堂像

北島兵一

寺島宗則像
寺島宗則像

黒田清輝筆

高岡城跡
ページトップへ