文化遺産オンライン

朝日 青木繁筆

あさひ あおきしげるひつ

作品概要

朝日 青木繁筆

あさひ あおきしげるひつ

油彩画 / 九州

青木 繁

佐賀県

明治時代/1910

カンヴァス(麻布)に油絵具で描かれている。額装(チーク材製、昭和38年に東京一景堂(いっけいどう)により装着)され、画面にはアクリル板が装着されている。

縦72.5×横115.0㎝(50号M)

1面

佐賀県佐賀市城内一丁目15番23号

佐賀県指定
指定年月日:20190426

佐賀県立小城高等学校同窓会黄城会

有形文化財(美術工芸品)

本作は、昭和30年代と1978年の2回、修復を受けている。1回目の修復(旧修復)は、「浅尾払雲堂」(東京・上野)でなされ、2回目の修復(新修復)は、「創形美術学校 修復研究室(現修復研究所21)」(東京・国立市)による。旧修復では合成樹脂接着剤によるカンヴァスの裏打ちが施されていたが、接着剤が硬化していたため、新修復ではそれを除去し、代わりに蜜蝋を用いる「オランダ法」による新たな裏打ちが施された。また、旧修復で画面に施された補彩(絵具が欠損した箇所に充填剤を詰め、上から色を補う)が黄変していたため、新修復では画面表面の汚れを洗浄しつつ黄変箇所を除去し、新たに補彩している。これらの修復により、作品は往時の色彩を取り戻し、基底材(カンヴァス)の耐久性も向上した。ただし、画中太陽の部分に発生している亀裂は、当時の技術では完全に塞ぐことができなかった模様である。(ただし、修復師による近年の所見によれば、現在も絵具自体は強固に固着しているため、剥落の危険はないとのこと)新修復を担当した「創形美術学校 修復研究室」の所見によれば、本作は「全体として絵具の固着力は大変良好であり、青木繁が晩年になっても油彩画の技術が確かであったことをしめすものである」という。

朝日 青木繁筆をもっと見る

青木 繁をもっと見る

地方指定文化財データベースをもっと見る

キーワード

修復 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索