写経断簡「一字奇特仏頂経 先行品第四」 いちじきとくぶっちょうきょう

 / 日本 


「一字奇特仏頂経」
【内容】
3巻。全9品によって構成されている。一字輪王仏頂の明呪には広大なる威徳があり、この法を成就する者には天帝釈も半座を分けて譲るほどであると強調し、どのような修法にもまして威力があるとし、毘那夜迦等の障りとなる者を駆除して、意願を満足することを中心としている。9品の名称は、現威徳品第一、印契品第二、曼荼羅儀軌品第三、先行品第四、成就毘那夜迦品第五、説法品第六、調伏一切障毘那夜迦天王品第七、最勝成就品第八、菩薩蔵品第九である。他の仏頂系儀軌のなかでも、少しく密教色を強めたものということができる。

大蔵経全解説大事典(1998年)より抜粋

関連リンク

写経断簡「一字奇特仏頂経 先行品第四」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

写経断簡・紺紙金字経「大方広仏華厳経 入法界品第三十四之十四」
愛染曼陀羅
写経断簡「仏母大孔雀明王経(巻第二)」
写経断簡「大方広仏華厳経 世主妙厳品第一之五 / 伝 東寺伝来」
金銅割五鈷杵
ページトップへ